切削用樹脂素材・素材切削加工・試作押出成形は東京都大田区のクレハエクストロンにお任せください。

切削用樹脂素材,切削用プラスチック(板材,丸棒材,肉厚管素材),押出樹脂素材,高機能樹脂切削素材,素材開発,試作成形に関するご案内。

English 中文
 Home > プラスチックの分類

クレハエクストロン株式会社 技術情報

技術情報
技術情報
技術情報
お問い合わせ

プラスチックの分類

熱可塑性樹脂の分類

熱可塑性樹脂の分類

熱可塑性樹脂の耐薬品性

結晶性
グループ 樹脂 耐薬品性
オレフィン系 PE
PP
化学的に安定で酸、アルカリに強い。
融点がやや低いので実用温度はあまり高くない。
エーテル系 POM 酸に弱い。易燃性。
ケトン系 PEEK 高温の濃硫酸以外には浸されない。
サルファイド系 PPS フッ素樹脂に次ぐ耐薬品性。
但し酸化性酸(硝酸、硫酸)には注意。
エステル系 PBT 酸に対しては優れた耐食性を示す。
アルカリ及び熱水に対しては加水分解を起こす。
アミド系 PA 耐油性良。
酸、アルカリに対してやや弱い。
弗素系 PVDF 一部の溶媒(ケトン類)に膨潤、溶解。
非晶性
グループ 樹脂 耐薬品性
オレフィン系 ABS 耐候性及び耐熱性に注意。
エーテル系 PPE ストレスクラック、特に有機溶剤によるクラック発生がある。
耐候性も弱く、紫外線によって強度や色調の変化を起こす。
エステル系 PC 水、アルカリに弱い。
連続して負荷がかかる場合はクラックを起こし、
温度の上昇や有機溶剤に触れるとクラックはより顕著に現れる。
サルフォン系 PSU・PES PCと異なり加水分解性がなく、酸、アルカリに耐え、加熱スチームに
耐える。
耐ストレスクラック性の弱さがある。
耐候性が劣り、屋外使用には不適。
イミド系 PEI 加水分解性、耐候性に優れている。
※各材質の耐薬品に関する詳細につきましては、別途弊社営業部までお気軽にお問い合せ下さい。
PAGE TOP